営業所が同じで、複数の人で古物商許可を取得できる?

独立性のある事務所

2020/3/07 更新

営業所が同じ住所で、複数の人が古物商許可を取得することは出来ません。

古物商許可は、盗品の流通を防止するためですので、古物を適切に管理しなければなりません。
同じ事務所に、複数の人が古物を管理すると、正しく分別することが困難であり不用心です。

営業所には、独立性が求められています。

自宅を営業所とし、他の家族が同じく営業所として古物許可申請すると、使う部屋を分けても玄関は一つであるため、営業所として独立性が無いと判断されてしまいます。

オフィスでも、同じフロアをいくつかの会社で共有して使用すると、独立性が認められません。

建物のオーナーとA社が賃貸借契約を結んでおり、B社とA社が転貸借契約を結んで古物商許可申請をする場合、以下のように必要書類が多くなります。

  1. オーナーとA社間の賃貸借契約書のコピー
  2. B社とA社間の転貸借契約書のコピー
  3. オーナーの古物商営業の使用承諾書
  4. A社の古物商営業の使用承諾書

営業所として認めてもらうための、警察署の確認は厳しいです。
警察が物件を、調査することもあります。

審査で落ちないように、予め警察署で図面を持っていき、相談するべきでしょう。





当事務所の姉妹サイト

建設業申請のページはこちらです。
https://yumetas.bona.jp/
車庫証明の申請代行はこちらです。
https://yumetas2.bona.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る