移転や引っ越しの場合は、どうするの?

引っ越し

2020/3/09 更新

古物商許可を取得した後、営業所の移転や管理者等が引っ越しをする場合に「変更届出」や「書換申請」手続きをする必要があります。


  1. 「変更届出」をしなければならない場合
  2. 変更届出の期限は、14日以内(法人の場合で登記事項証明書が必要な場合は20日以内)と定められています。
    手数料は無料です。
    期限を守らない場合は、変更届出義務違反で10万円以下の罰金を科される場合があります。

    ・営業所の移転 → 新しい営業所の「賃貸借契約書のコピー」を添付
    ・営業所の管理者が引っ越し → 「住民票の写し」を添付
    ・法人役員の引っ越し → 「住民票の写し」を添付



  3. 「書換申請」をしなければならない場合
  4. 書換申請の期限は、14日以内(法人の場合で登記事項証明書が必要な場合は20日以内)と定められています。
    手数料は1,500円です。
    古物商許可の取消処分になる可能性があるため、期限を守る必要があります。

    ・個人申請で引っ越し → 「住民票の写し」を添付
    ・法人申請の方が所在地変更 → 「登記事項証明書」を添付
    ・法人代表の引っ越し → 「住民票の写し」と「登記事項証明書」を添付




古物商許可を取得した後で、移転や引っ越しをする場合には、誰がどこへ移転するかにより手続きが変わります。
法人申請だと、営業所の数が多かったり、法人役員の数が多い場合があるので、注意が必要です。
変更手続きは、移転や引っ越しの都度、行う必要があります。





当事務所の姉妹サイト

遺言・相続のご相談、お手続きはこちらです。
https://yumetas.bona.jp/
車庫証明の申請代行はこちらです。
https://yumetas2.bona.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る